New 2021/10/30

【コラム】大山で見つけた!渋沢栄一~ガスの記念日特集~

1.png

2.png3.png

現在人気放送中の某ドラマ、主人公「渋沢栄一」。
2024年には新一万円札の顔になりますね。


その銅像が板橋区内に「旧養育院長 渋沢栄一銅像」として
東京都健康長寿医療センターにあることをご存じでしたか?
(板橋区栄町35番2号)

養育院とは、渋沢栄一が明治7年(1874)から運営に携わった施設です。
その後、渋沢は、養育院事務長となり、昭和6年(1931)に92歳でなくなるまでの50年間
院長を務めました。......

大正14年11月15日、本院完成にあわせて建立されました。
当初は養育院の事務室があった、現在の板橋第一中学校内に建てられました。......

平成25年6月、東京都健康長寿医療センターの開院を機に、現在地へ移設されました。......

銅像は、日本の福祉・医療の原点であり、
当分野をリードしてきた「養育院」の歴史と、
その運営の中心的役割を果たした渋沢栄一による
社会福祉事業への関与の原点を明らかにしています。

その観点から、板橋区の近代化の歴史を物語る資料として重要なものです。


―引用元:板橋区公式HP―

また、小平市にある東京ガス「ガスミュージアム」では
企画展を開催中!
渋沢栄一とガス事業の関わり、歴史を感じる展示もご覧になれます♪

↓詳細はこちらのHPをご覧ください。
https://www.gasmuseum.jp/gallery/

渋沢栄一は東京ガスの創設者でもあるんですよ。

4.png