みんなのまち情報・くらしの豆知識

みんなのまち情報

バックナンバーはこちら

駄菓子販売と遊びの秘密基地

【西武柳沢】子どもも大人もワクワクしちゃう♪ 駄菓子販売と秘密基地「ヤギサワベース」

 

あらゆる世代が楽しめる、ご近所のアミューズメント・スポット♪

人気の駄菓子屋「ヤギサワベース」をご紹介します!

 

ヤギサワベース_外観

 

「ヤギサワベース」は、西東京市・西武柳沢駅(西武新宿線)北口から徒歩5分、柳沢北口商店街の西の端っこにある、「駄菓子販売と遊びの秘密基地」。

店主の中村晋也さんが「日常に必要不可欠ではないけど、近くにあるといいな」と、始めたお店です(2016年開店、2019年に現在地に移転)。

 

ヤギサワベース_店内

靴を脱いで上がる店内。靴を揃えたり、挨拶したり、社会のマナーも駄菓子屋で

 

ヤギサワベース_店内_駄菓子

 

店内には、200点以上の駄菓子が並びます。

あれこれ迷いながら買い物をしたり、ゲームで遊んだりする姿は昔も今も変わりません。

驚いたことに、イマドキの小学生は電子マネーに慣れているため、手渡しする「お釣り」に戸惑う、ということもあるそうです。

 

ヤギサワベース_レトロゲーム

 

楽しい要素がてんこ盛りの店内には、ベーゴマ、スーパーボールなどのクジ、文房具の販売も。

昭和レトロな10円ゲームは、当時から現役という貴重な台で、店を訪れるなり「懐かしい~」と喜ぶ大人も。

 

ヤギサワベース_文房具

ノートや鉛筆など文房具の隣には、大人も驚きのデッドストック文房具も

 

店内には、読んだ人の感想をつなぐ「まちライブラリー」が。

全巻揃えてある漫画「ドラえもん」は無料で貸し出し中。「漫画は人生の色々を教えてくれる。子どもたちにもっと読んで欲しい」との思いで始めたそう。

 

ヤギサワベース_店主の中村晋也さん

(右)店主の中村晋也さん

 

実は、撮影スタジオにもなるヤギサワベース。

店の奥には以前、子どもたちが机で宿題をしたり絵を描いたり、遊んだりできるフリースペースがありました。コロナ禍の現在は、撮影スタジオとして動画配信や撮影などに使用。

新たに地域発信のカルチャーや人のつながりが生まれ、ますます楽しいスポットになっています。

 

子どもの社交場、大人の遊び場といえる駄菓子屋「ヤギサワベース」。

ワクワクを求めて、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

店舗名 駄菓子屋ヤギサワベース
住所 〒202-0015 東京都西東京市保谷町3-25-15 1F
TEL 042-452-5905
営業時間 水曜日〜土曜日 14:00 〜 18:00 / 日曜日 12:00 ~ 16:00
定休日 月曜日・火曜日 ※祝日は不定休
公式サイト https://yagisawabase.com/

 

※取材協力:一般社団法人すだち

※上記掲載内容は、2021年6月取材時の情報です。

バックナンバーはこちら

くらしの豆知識