【[コロナに負けない!]MAP】と【杉並銭湯公式サイトリニューアル】のお知らせ

西荻北銀座商友会

西荻窪駅北口の北銀座通りにある『西荻北銀座商友会』が 【[コロナに負けない!]MAP】を2020年12月に発行しました。

 

[コロナに負けない!]MAP

[コロナに負けない!]MAP

 

58の加盟店とお店の方の似顔絵や各店の感染症対策についても紹介されています。商店会長の樋代さんによると「日頃マスク着用で、店主の顔を見る機会も少なくなっているので、イラストだけでも顔出しでご挨拶したい」との思いが込められているようです。

 

『西荻北銀座商友会』会長の樋代さんと副会長の松岡さん

右:会長の樋代さん(洋食のみかさ)、左:副会長の松岡さん(インド料理ガネーシャガル)

 

表面には『西荻北銀座商友会の今昔マップ』と題し、過去の貴重な写真とともに、西荻窪の街と商店会の歴史がわかるマップも付いています。

 

コロナ禍で遠出がしにくい今だからこそ、近くの商店会の魅力を再発見できる良い機会かもしれません♪

 

【[コロナに負けない!]MAP】は加盟店で配布しているほか、商店会のWebサイトからもダウンロードできます。ぜひご覧ください。

 

西荻北銀座商友会Webサイト https://nishiogi-kitaginza.net/

 

※取材協力:(有)HOT WIRE GROUP

※上記掲載内容は、2021年1月取材時の情報です。

 

 



杉並銭湯Webサイトリニューアル

杉並浴場組合のWebサイトが2020年12月にリニューアルしました。

 

すぎなみ銭湯Webサイト_TOPページすぎなみ銭湯Webサイト_紹介ページ

 

杉並区の銭湯は、高円寺エリアに5軒、阿佐ケ谷エリアに3軒、荻窪・井草エリアに4軒、西荻窪エリアに3軒、和田・和泉エリアに4軒あり、全19軒が組合に属しています。

 

銭湯と言えば、少し前までは、近隣の人が利用する公衆浴場のイメージでしたが、ここ最近ではテレビや雑誌でも特集が組まれるほど、若い世代を中心に『銭湯ブーム』が起きていて、杉並区内の銭湯もメディアで見かけることが多くなりました。

 

リニューアルしたサイトでは、各銭湯の外観や浴室、番台などが写真付きで紹介されているので、それぞれの銭湯の特長がひと目でわかるようになっています。サイト内の検索では、「エリア」や「営業日」、「サウナ」「駐車場」など28種のタグも用意されているので、目的の情報が見つけやすいですよ♪

ぜひ、チェックしてみてください。

 

※緊急事態宣言が再度発出されましたが、杉並区内の銭湯は公衆衛生の観点から徹底した衛生管理のもと営業を続けております。

引用:銭湯をご利用のお客様へ(新型コロナウイルス対策のお願い)

 

銭湯をご利用時には下記Webサイト上のページ上部にある【新型コロナウイルス対策のお願い】をお読みください。

 

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、営業の自粛や営業時間の変更を行ったり、入場者数や施設の利用を制限する銭湯もあります。

銭湯をご利用する際は、あらかじめすぎなみ銭湯ホームページをご確認ください。

引用:銭湯をご利用のお客様へ(新型コロナウイルス対策のお願い)

 

すぎなみ銭湯(杉並浴場組合公式サイト) https://suginami1010.com/

 

※取材協力:(有)HOT WIRE GROUP

※上記掲載内容は、2021年1月取材時の情報です。